筑波大学附属視覚特別支援学校のWEB

英検奨励賞をいただきました

画像英検奨励賞 日本英語検定協会より奨励賞が贈られました。これは、年3回の検定すべてに団体受験を申し込み、英検受験を通して生徒の英語力向上を目指した団体に贈られる賞です。本校は年3回の団体申し込みを行っており、昨年度は、延べ65人の生徒が英検を受験しました。

 本校では、少なくとも30年以上前から点字での実用英語技能検定(英検)受験を実施してきました。かつては本校を会場にしていましたが、日本英語検定協会が各都道府県に視覚障害者のための受験会場を設置するようになってからは本校を会場にすることはなくなりました。しかし、生徒には継続して英検受験を推奨してきています。また、二十数年前には日本英語検定協会に弱視受験生のための拡大文字での受験を働きかけ、18ポイントと26ポイントの拡大文字の試験問題を用意していただけるようになりました。今日では、視覚障害者は点字でも拡大文字でも、また1.5倍の時間延長の下で英検を受けられるようになっています。
 本校では、今回いただいた英検奨励賞の名に恥じぬよう、引き続き、「読む・書く・聞く・話す」の4技能のバランスを取りながら生徒が主体的に英語を学べるようにし、生徒それぞれが一つでも上の級に合格できるよう取り組んで参りたいと考えています。

2020/4/24