筑波大学附属視覚特別支援学校のWEB

拡大教科書について

【弱視教育について】



拡大教科書について

拡大教科書とは?

 拡大教科書とは、目の見えにくい弱視の児童、生徒のために通常の検定教科書の文字を大きく太く書き写し、図版やイラストなどを見やすく変えた本のことです。
文部科学省が定めた拡大教科書の標準的な規格に基づいて教科書出版社より発行されているものと拡大写本ボランティアによって一人ひとりのニーズに合わせてオーダーメイドされたものとがあります。文部科学省の拡大教科書標準規格につきましては、以下のホームページをご参照下さい。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/01/15/1235124_1.pdf


「拡大教科書の作成方法」

英語
社会


出版されている拡大教科書一覧

 現在は、教科書出版社より小学校と中学校の全ての検定教科書の拡大教科書が発行されています。
 詳細は、以下の文部科学省ホームページをご参照下さい。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kakudai/1256604.htm
 高校段階については、視覚障害特別支援学校(盲学校)高等部で採択されている教科書の一部で拡大教科書が発行されています。通常の高等学校では、発行費の負担が自己負担になっていること等の理由により教科書出版社からの発行は困難な状況となっています。


拡大教科書一覧データ

データをダウンロードしてください。


全国拡大教材製作協議会連絡先


 全国で拡大教科書の製作に取り組んでいる拡大写本ボランティアグループは約60ありますが、その代表窓口は下記の通りです。
〒108-0073
東京都港区三田三丁目7-26-405 代表世話人 佐藤邦隆 方
電話・FAX:03-3453-3052
E-mailkanri@kakudai.orgクリックするとメール出来ます
緊急のときを除き、ご用件はFAX・Email・文書のご郵送、のいずれかでお願いいたします。

全国拡大教材製作協議会ホームページ

 全国拡大教材製作協議会ホームページhttp://www.kakudai.org/
  拡大教科書・点字教科書の無償給与制度について
 盲学校(特別支援学校)及び特殊学級(特別支援学級)においては、従来より学校教育法第百七条により、いわゆる「百七条図書」として拡大教科書は国費により無償給与されてきました。  2004年度からは、小、中学校の通常の学級に在籍する弱視児童・生徒のための拡大教科書や点字教科書も国費で無償給与されることになりました。  詳しくは下記の文部科学省ホームページをご参照下さい。


http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kakudai/06042618.htm

 ※ 高校の拡大教科書については鳥取県と島根県のみ県費による無償給与制度がありますが、その他の都道府県においては自己負担となります。

拡大教科書に関するお問い合わせ

 拡大教科書についてご不明な点などございましたら、下記までご連絡下さい。
全国盲学校長会 拡大教科書ネットワーク事務局担当
 筑波大学附属盲学校 宇野和博   (電話)03-3943-5423
   (E-mail)uno@nsfb.tsukuba.ac.jp
2010/07/02