筑波大学附属視覚特別支援学校のWEB

中学部

教育目標

  中学部では、中学校に準じた普通教育を行います。小学部で学習した基礎的な内容を教科教育の中でさらに発展させ、主体的に学習に取り組めるように教育活動を展開しています。
 「自分で考える」ことを基本に、生徒の自主性を尊重し、集団生活の中で社会性を育みながら、障害に基づく困難を克服し、社会の中で自立した「生きる力」を高めていけることをめざしています。

教育課程

1.学習

 通常の中学校と同じ教育内容のもとに教科学習をしていますが、学習方法には特別な工夫があります。例えば理科では、光の強さを音に換える感光器を使って実験をしています。その他、体育や技術・家庭など実技教科では様々な工夫がなされています。また、障害の特性に合わせて学習を進め、生活範囲を広げるために、通常の中学校にはない自立活動という授業もあります。
 学習場面では、点字使用生徒と墨字使用生徒のグループに分かれ、障害に応じた配慮のもとにきめ細かい指導を行っています。点字使用クラスでは、実際に触って形や材質、大きさなどを確認する観察や体験の時間を十分に確保して授業を進めています。墨字使用クラスでは、拡大教科書、拡大読書器、書見台等を活用して、一人一人の見やすさに配慮した指導を行っています。

2.生徒会・クラブ活動

 生徒会には、執行委員会、図書部、文化部、購買部があります。執行委員会の役員は、生徒による選挙で選出されています。
執行委員会生徒会の運営を中心に、他校との交流会の企画なども行います。
図書部朗読会の企画や、広報の発行、よりよい読書環境づくりのために自主的な活動をしています。
文化部新入生歓迎会、スポーツ大会、送別会の企画を行います。
購買部週2回、昼食後の時間を利用して、点字用紙やノートなどの文房具類の販売を行います。

 クラブには運動系と文化系があり、生徒の希望により発足し活動しています。最近では、フロアバレーボール、卓球、陸上競技、水泳、K&S(工作&手芸)、美術、オセロ、放送劇、鉄道研究、合唱・合奏の各クラブがあり、活動日はそれぞれ週1回です。運動系クラブは、夏から秋にかけて関東地区の大会に出場します。文化系クラブは、活動の成果を文化祭で発表したり、コンクール参加や他校と交流対戦を行ったりしています。

3.年間行事等

 4月  新入生歓迎会  遠足
 5月  中3修学旅行  1学期中間試験
 6月  スピーチコンテスト  1学期期末試験
 7月  授業参観  夏季学校
 9月  夏休み自由研究・作品発表会
10月  交流会  2学期中間試験
11月  文化祭  2学期期末試験
12月  授業参観  朗読会  レクリエーション行事
 2月  学年末試験
 3月  交流会  社会見学  卒業生送別会

主な行事

  • 夏季学校
     中学部全体で夏休み前に行う宿泊行事です。近年は、山中湖畔で実施しています。1年生から3年生まで学年の枠を越えた班で活動し、上級生が先輩として全体をリードしています。それぞれの生徒が自分の役割を果たしながら、思い出に残る夏季学校を作り上げています。主な活動は自然散策、野外炊事、登山、フルーツ狩り、キャンプファイヤーなどです。

    写真 夏季学校  写真 夏季学校

  • 文化祭(雑司ヶ谷祭)
     2日間にわたって行われる文化祭では、クラス全体で内容に工夫を凝らして取り組んでいます。これまで、劇、合奏・合唱、バンド演奏、模擬店などを企画し、生徒の自主性を大切にしながら協力して実施してきました。また、毎年中学部全体で、文化祭の装飾係を担当しています。
  • 交流会
     お互いの理解を目的に、筑波大学附属中学校と定期的に交流会を行っています。両校の生徒会を中心に話し合いを持ち、卓球やフロアバレーボールなどのスポーツやオリエンテーリング、フリートークなどを実施してきました。

    写真 交流会

卒業後の進路

 生徒が全国各地から集まっているため、中学部の半数以上は寄宿舎生活を送っています。進学先としては、本校の普通科及び出身地の盲学校・視覚特別支援学校の高等部へ進む生徒が大半を占めていますが、それ以外の学校に進む生徒も若干名います。本校には中学部から高等部の普通科・音楽科への内部推薦制度があり、一定の基準を満たした生徒はこの制度を利用して進学することができます。

2013/10/23