筑波大学附属視覚特別支援学校のWEB

平成29年度理療教育研究セミナー(第14回視覚障害教育研究協議会)開催のお知らせ


 このページでは来る10月20日(金)に開催される平成29年度理療教育研究セミナーの日程及び内容について紹介しています。


【期日】

 平成29年10月20日(金) 9:00~16:00

【場所】

 筑波大学附属視覚特別支援学校(筑波大学附属盲学校)
 ※ 本校への来校方法につきましては、交通案内をご参照ください。

【研究テーマ】

理療教育とスポーツ障害の関わり
~視覚障害者スポーツを中心に~

【テーマ設定の理由】

 スポーツ障害に対する理療施術の研究も年を追うごとに深まり、スポーツ障害を専門とする臨床家も増えている。特に2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、社会全体としてスポーツに対する関心が一層高まる中で、競技支援に関する期待も大きい。理療施術は、コンディショニングや受傷後のケアなどアスリートからも支持を受けており、理療科の生徒の中にも、興味を持つ者が増えている。
 全国の盲学校では、スポーツとの関わりを意識できるよう、地域の学生などを対象にあん摩施術を行ったり、盲学校の部活動の中でコンディショニングとして理療施術を取り入れたりしている学校もある。とはいえ、教科書でスポーツ障害について学習するものの、その知識を活かして実際に臨床を行う機会は少ないのが現状である。
 そこで、今回は「スポーツ障害に対する理療施術」をテーマに研究授業を行い、生徒には授業を通して、競技特性の理解や受傷のメカニズム、具体的な理療施術やコンディショニングの一例を学習し、スポーツ障害に対する理療施術の関わり方を理解してもらう取り組みを設定した。今回は、一般的なスポーツ障害ではなく、ゴールボールをメインの競技に設定することで、盲学校の生徒がよりイメージしやすいスポーツ障害の学習が行えるような試みを考えている。ご参加の皆さまには実践をご覧いただくとともに、さまざまな観点からご意見をいただけると幸いである。
 また、長年にわたり、スポーツ障害の研究をされている宮本俊和先生をお招きし、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、1964年の開催時と比較し国の政策がどのように変化してきているか、さらには普段先生が関わっておられる柔道やゴールボールの競技支援の具体的内容、昨年開催されたリオデジャネイロパラリンピックでの支援内容など、スポーツと理療の関わりについて最先端のお話をうかがう。
 さらに、私達の取り組むべき課題や理療の可能性についてご参加の皆様と研究協議を深め、スポーツ現場で理療施術を行える環境作りや、生徒の育成に関してより良い方向性を導き出すことができればと考えている。

【講師】

筑波大学理療科教員養成施設長  宮本 俊和 先生

●講師紹介

 宮本先生は、1981年に筑波大学理療科教員養成施設臨床専攻生課程を終了後、長きにわたり我々理療科教員の育成に尽力いただいております。加えて、現在に至るまでスポーツ選手に対する理療施術を中心に研究・臨床活動に携わってこられました。また、我々理療科教員をはじめとする鍼灸師向けに、「スポーツ鍼灸の実際」をはじめとする数多くのスポーツ障害に対する解説書も執筆していらっしゃいます。
 1984年より筑波大学陸上部での鍼治療を開始され、1988年からは筑波大学スポーツクリニックを開設し、多くのアスリートの治療に関わっておられます。また、大学内のみにはとどまらず、現在まで、長野オリンピック・パラリンピックでの理療による競技支援、視覚障害者柔道やゴールボールの日本代表選手への競技支援、昨年開催されたリオデジャネイロパラリンピックへの帯同など、スポーツ選手に対する理療施術の基盤を築くとともに、その発展にご尽力いただいております。

【日程】

◇10月20日(金)
  9:00~ 9:20 受付
  9:30~11:20 研究授業「スポーツ障害に対する理療施術」
             ~ゴールボールによる障害を中心に~
 11:30~11:40 開会
             校長挨拶、参加者自己紹介、諸連絡
 11:40~12:30 研究授業についての討議
 12:30~13:20 昼食
 13:20~14:50 講演「東京オリンピック・パラリンピック 1964 vs. 2020」
             ~理療施術と競技支援の関わりを中心に~
 14:50~15:00 休憩
 15:00~15:50 研究協議「スポーツ障害と理療教育」
 15:50~16:00 閉会・アンケート記入

【参加費】

3,000円(昼食代1,000円、当日資料代、資料集代を含む)
当日、受付にてお支払い下さい。

【申し込み方法】

各学校・施設宛てにお送りした申し込み用紙に必要事項をご記入の上、10月10日までに郵送若しくはFAXにて、お申し込み下さい。

【申込先・問い合わせ先】

筑波大学附属視覚特別支援学校
 理療教育研究セミナー担当  前田 智洋

 〒112-0015 東京都文京区目白台3-27-6
 TEL・FAX 03-3943-5424(専攻科職員室直通)

【その他】

  • 当日、参加された先生には、平成30年2月開催の「第14回視覚障害教育研究協議会」の資料集もお送りいたします。
  • 当日、参加された先生は、2月の研究協議会参加費が1,000円(昼食代のみ)となります。
  • 当日、本校の記録として撮影等を行っておりますが、参加の皆様による写真及びビデオ撮影等につきましては、お断りいたします。ご協力をお願いいたします。

【交通案内】

◆JR池袋駅・市ヶ谷駅・飯田橋駅・有楽町駅より
 地下鉄有楽町線「護国寺」駅下車、4番出口より徒歩7分。
◆JR目白駅より
 都バス・新宿西口行き「目白台3丁目」下車徒歩7分
◆JR池袋駅より
 都バス・東京ドーム行き「護国寺前」下車徒歩7分

 なお本校への来校方法については、案内地図をご参照ください。

ページの最初へ

2017/09/06