筑波大学附属視覚特別支援学校のWEB

国語科の目標

 国語科の指導は、「話す・聞く・読む・書く」を柱とし、「言語能力の育成と、思考力や想像力および言語感覚を養い、国語に対する関心を深め国語を尊重する態度の育成」です。これを、「生きる力」の育成と捉え、使用文字の特性を踏まえた上で、以下の項目ごとに、効果的な指導をおこなっています。


話す・聞く

 中学部も高等部もそれぞれ2クラスあります。その中で中学部のみは、使用文字ごとのクラス編制となり、1クラスは6名です。一方高等部普通科は1クラス8名で、音楽科生徒を加えて10名くらいの集団で授業を行っています。
 これらの集団を通して、他者の発言をきちんと「聞く」ことができる態度を身につけます。これは、視覚特別支援学校に学ぶ生徒にとって、あらゆる学習やコミュニケーションの基本になる力です。
 これと並行して、「話す」ことの指導では、聞き手を意識して、相手に言いたいことが伝わるように話す力を育てていきます。これらは、授業だけではなく、中学部でのスピーチコンテストや全校で開催される校内弁論大会を始め、様々な学校行事や、ホームルームや部活等での話し合いの場なども利用して、そのスキルを高めていきます。


読 む

 点字を使用する生徒には、点字の特性に配慮した読解指導を行います。両手を使って読むことと、自分の思考に適したスピードで読み取れるように常に注意しながら、文章の種類にあわせた効率の良い読解ができるように練習をします。
 墨字を使用する生徒には、文字の見え方に配慮した読解指導を行います。補装具・文字の大きさ・フォントなどについて、読解に最適な文字の条件を見出し、文章の種類にあわせた指導を行います。
 この場合の使用文字は、読解の効率に重きを置き、総合的に判断します。
 また、読解力を向上のために、弱視生徒への漢字指導や点字使用生徒への点字の書き表し方の指導を、自主教材によって丁寧に行っていきます。時に文字を音としてしか捉えず、言葉の意味を理解しないまま文章を読んでいる点字使用の生徒に対しては、文字や、文字の持つ意味という基本的なことから指導していきます。
 さらに、物語の読み聞かせを通して、読書の楽しさをクラスメイトと共有する時間をもうけています。読書は情報を補うための大切な間接体験であると考え、司書教諭と連携し、図書館の所蔵図書は教諭が各教科の立場から選定した推薦図書に加え、生徒のリクエストによるものも配架されます。


書 く

 筆記用具を手にとって文章を書き始めることで、自分の気持ちや意見がはっきりしてくるものです。また、書くために段落の校正を考えたりすることが、考えを深め、広げてもくれます。
 点字の生徒には、点字に、より習熟し、日々の学習の記録(授業のノート)を工夫して書けるように指導します。また弱視の生徒には、目的を明確にした教材を作成し、文字や表記の指導を通して、生徒の書く力の総合的な向上をめざしています。
 毎年、校内の読書感想文コンクールを実施し、入選者の作品は「校内読書感想文入選作品集」として配布します。友人の作品を読むことが、書くことへの意欲を喚起します。また、外部の様々な作品コンクールにも積極的に応募し、自分の意見を多くの人に伝えるきっかけとしています。


言語事項

 点字使用生徒への漢字指導は、主たる目的を以下のように捉えています。
・字形を学んで弁別ができたり,書写できるようにすることではない。
・点字という文字体系の連なりの中で語彙の理解ができることである。
・日本語の音節の種類の少なさによって生じる同音異義語や同訓異字の語の意味を取り違えることのないようにするためである。
・将来的にコンピュータ等のディスプレイ画面上で,同音異義語や同訓異字に適合する漢字の組み合わせが選択できることである。
 指導では、入門期の漢字の字形指導をもとに、点字教科書の教材中の語句についての漢字の教材を活用します。いずれの場合も、発達段階に配慮しながら、音訓の知識の意識化と漢字使用の意識化から始め、音訓を利用した説明につなげていきます。


辞書の利用

 辞書の指導においては、使用文字にかかわらず冊子辞書によって指導を開始します。
 点字の辞書においては、特に点字表記と普通文字との見出し語の配列順の違いや、同音異義語や同音異字の見分け方を指導します。さらに高等部では、点字データを常に検索できる状態で学習を進めています。
 また弱視生徒は、拡大機能が活用できるため電子辞書も用意させて指導します。電子辞書は、家庭学習だけでなく、授業中にも利用できるように常に携帯させ、文字がわからない時にも引き、曖昧な文字をノートに書かないように指導しています。


2013/12/20