筑波大学附属視覚特別支援学校のWEB

中学部合唱・合奏部がヘレン・ケラーコンクールで最優秀賞受賞!

 2019年11月16日、「第69回ヘレン・ケラー記念音楽コンクール」(東京ヘレン・ケラー協会主催、毎日新聞社など後援)で、中学部合唱・合奏部が重唱・合唱の部第1位と、最高賞のヘレン・ケラー賞を受賞しました。

 同コンクールは、東京都文京区のトッパンホールで行われ、今年度は全国から53人が参加しました。中学部合唱・合奏部は男女5名の部員で、無伴奏のロシア民謡「小さなしらかば」にチャレンジしました。一人ひとりが異なったパートを歌う、とても難しい曲でしたが、お互いの声を聴きあいながら良いハーモニーを作り上げました。審査員の先生には、「ハーモニーした時の響きが増し、それが又見事でした」「バランスが取れていながら、各声部の独立性もあってとても楽しめました」などの講評をいただきました。

 12月9日、学校に届いたヘレン・ケラー賞のトロフィーと賞状を手に、合唱・合奏部員が校長室を訪問し、受賞の報告をしました。

写真 校長、クラブ顧問と一緒に

2019/12/10