筑波大学附属視覚特別支援学校のWEB

資料室・常設展示室の紹介(筑波大学附属盲学校資料室)



写真:点字タイプライター

資料室に展示されている品の紹介


校舎の移り変わりの写真1 校舎の移り変わりの写真2 校舎の移り変わりの写真3

  • 本校の創立期から東京盲学校までの校舎の移り変り(上の写真)
  • 視覚障害者の文字の歴史(点字が出来る以前と点字の出来るまで)
  • 筆記具の数々
  • 製版機(電動亜鉛板製版機、コンピュータ製版機)
  • ブレールマスター等

写真:六点点字  石川倉次氏考案六点点字
 六点点字として最良のもの。



写真:点字タイプライター  石川倉次氏考案点字タイプライター。
 二文字連続して打てる。


写真:楽善函  楽善函
 明治22年~大正8年。


写真:楽善函  通心玉
 明治22年2月4日平野知雄により通心玉と称する方法が考案された。大小二個のガラス玉を結び目を境として上下に置きその数によって文字を表している。


写真:結び文字 結び文字


資料室所蔵目録


  1. 日本における凸字以前の盲人用符号文字
  2. 日本における凸起文字
  3. 教授用凸文字教科書
  4. 針文字
  5. 外国の点字
  6. 日本訓盲点字翻案完成苦心のあと
  7. 点字初歩説明器
  8. 点字盤
  9. タイプライター

資料室所蔵品PDF(データ)


PDFファイルを表示させて、保存するか、リンクから右クリック(キーボードの右クリックキー)して、「対象ファイルを保存」を選択してください。なお表示には、adobe社のアクロバットリーダーが必要です。Adobe PDF logo

  1. 資料室所蔵品のダウンロード(PDFファイル)

資料室見学にあたってのご注意


  • 資料室の見学は予約が必要となります。見学を希望される方は、以下へお問い合わせください。
  • 筑波大学附属盲学校資料室委員会 TEL 03-3943-5421(代表)



2009/06/12